Satellite Symposium I: Crustaceans and Molluscs: Role of Shells and Prey-Predator Relationship 捕食・被食と殻の役割

日本甲殻類学会 ・ 日本貝類学会 共催シンポジウム

「捕食・被食と殻の役割」

Joint Symposium by Carcinological Socity of Japan and Malacological Society of Japan

Crustaceans and Molluscs: Role of Shells and Prey-Predator Relationship

 


2017年10月6日(金) 東京大学 柏キャンパス 大気海洋研究所 講堂

コンビナー 狩野泰則(東京大学 大気海洋研究所)

実行委員

 狩野泰則・猿渡敏郎・大土直哉・中野智之・福森啓晶・高野剛史・矢萩拓也

ごあいさつ

日本甲殻類学会と日本貝類学会は、それぞれ甲殻類および軟体動物の生物学を扱う学会として、ともに長い歴史があります。日本とその周辺域は、甲殻類および軟体動物の種多様性は非常に高く、海洋、陸水、陸上の生態系における重要な位置を占めており、古くからさかんに研究が行われています。またそうした生態系における甲殻類と軟体動物の関係は多種多様で、共生関係、寄生、捕食・被食関係、競争関係など、さまざまです。近年のこうした分類群間の研究によって、非常に興味深い、場合によってはわれわれの想像を超えた面白い現象が発見されています。 こうしたことに鑑み、日本甲殻類学会と日本貝類学会は合同でシンポジウムを開催することとなりました。

第一回目は、2017年4月15日に和歌山県の白浜町で開催され、海外からの3名の招待講演者を含む国際シンポジウムとして、日本貝類学会の大会内で行われました。シンポジウムのメインテーマは「共生、寄生関係に関する進化生物学」で、150名あまりの参加者がありました。

今回、東京大学大気海洋研究所で、日本甲殻類学会大会の開催前日に、第二回目の合同シンポジウムが開催されることとなりました。今回のメインテーマは「捕食・被食と殻の役割」で、貝類・甲殻類間の捕食と被食、あるいはそれに関わる形態進化、または殻を利用した被食回避についてを主たる内容にしたもので、新進気鋭の研究者による最前線の研究内容が発表されます。

 参加は両学会の会員・非会員にかかわらず無料、事前の申し込みも不要です。多くの皆さんのご参加を期待いたします。

        日本甲殻類学会会長 朝倉彰
        日本貝類学会会長 大越健嗣

       

        

13:00-13:10 

開会あいさつ Opening address

シンポジウム趣旨紹介 Aim of the symposium


 狩野泰則  KANO, Yasunori

         (東京大学 大気海洋研究所  Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo)

この2学会共催シンポジウムに関するお問い合わせは下記へ

<kano(あっと)aori.u-tokyo.ac.jp>

                        Organizer profile:  Web-site

13:10-13:40 

入江貴博  IRIE, Takahiro 

(東京大学 大気海洋研究所  Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo)

誘導防御:いまさら訊けない蟹と貝のカンケイ

Inducible defense revisited: the fishy relationship between crabs and snails

     Presenter profile:  Web-site

13:40-14:10 

藤原慎一   FUJIWARA, Shin-ichi

 (名古屋大学博物館 The Nagoya University Museum)

カニのハサミのかたちと使い方の関係~形態から見積もるハサミの破壊力と壊されにくさ

The crab claw function depends on mechanical advantages of pinching and disarticulation

 Presenter profile: Web-site

14:10-14:40 

加賀谷勝史  KAGAYA, Katsushi

(京都大学 白眉センター   The Hakubi Project, Kyoto University)

シャコの殻割り行動の制御機構

Control mechanisms for shell-breaking behavior of mantis shrimp

    Presenter profile: Web-site

14:50-15:20 

石川牧子  ISHIKAWA, Makiko

  (ヤマザキ学園大学 Yamazaki Gakuen University)

太古の攻防を垣間見る:生痕から見る貝・ヤドカリへの捕食圧

Quantifying predation on mollusks and hermit crabs: A glimpse of the past through trace fossils.

    Presenter profile: Web-site

15:20-15:50 

早川 淳*・大土直哉  HAYAKAWA, Jun and OHTSUCHI, Naoya

(東京大学 大気海洋研究所  Atmosphere and Ocean Research Institute, The University of Tokyo)

大型甲殻類および肉食性巻貝類によるサザエの捕食とその痕跡

Predation on Turbo sazae by decapods and neogastropods and predation marks on the shell

15:50-16:10 

中山 凌*・中野智之  NAKAYAMA, Ryo and NAKANO, Tomoyuki

  (京都大学 瀬戸臨海実験所  Seto Marine Biological Laboratory, Kyoto University)

捕食回避から見るカサガイの巻貝への付着行動

The role of attaching behavior of the limpet in predator avoidance

   Presenter profile: Web-site

16:20-16:40 

許 晃

(東京大学 生物科学専攻 Biological Science, The University of Tokyo)

イソダニ類の摂餌生態と貝形虫の捕食痕

Predatory feeding behavior of marine mites and ostracod boreholes

16:40-17:00 

角井敬知  KAKUI, Keiichi

  (北海道大学 理学研究院 Graduate School of Science, Hokkaido University)

巻貝の殻を背負って生きるタナイス

Hermit crab analogs-tanaidacean crustaceans inhabiting empty gastropod shells

   Presenter profile:  Web-site

17:00-17:30 

遊佐陽一 YUSA, Yoichi

 (奈良女子大学 理学研究科 Graduate School of Science, Nara Women's University)

寄生性フジツボ・トサカエボシのアグレッシブな摂食

"Predatory parasites": behavioural and morphological adaptations to the parasitic life in the pedunculate barnacles Koleolepas spp.

   Presenter profile: Web-site

17:30-17:45

AKI, Inomata

現代美術家

ヤドカリの宿貝替え行動を用いたアート作品の制作

Contemporary art inspired by shell exchange behavior of hermit crabs.

Presenter profile: Web-site 


Photo credit 

installation view of KENPOKU ART 2016

photo: Keizo Kioku


17:45-17:50 閉会挨拶  Closing address


18:00-20:00 シンポジウム懇親会 [研究所内で開催,一般2,000円,学生1,500円。事前にお申し込み下さい。参加費は当日受付でお支払い下さい.  

Banquet We welcome all of you to join !   ¥2000.  ¥1500 (student).  On-site payment.

 Contact.  この2学会共催シンポジウムの懇親会の申し込みは下記へEメールで

狩野 泰則(東大大気海洋研究所)Kano, Yasunori (AORI)

kano(あっと)aori.u-tokyo.ac.jp


第1回目の日本貝類学会と日本甲殻類学会の共催シンポジウムの様子はこちら

International Symposium on Evolutionary Biology of Parasitic and Symbiotic Relationships between Molluscs and Crustaceans 


Go to the web-site 1

Go to the web-site 2